40代女性の悩み・・・それは髪の毛が白髪だらけ!?綺麗に染めれれる人気のトリートメントは?ルプルプ、利尻、レフィーネ・・・この3トリートメント

40代白髪だらけ髪を染める人気のヘアカラートリートメント!

利尻ヘアカラーの色落ちが気になるならルプルプがオススメ

siraga_4.jpg
 
button2_6.jpg






人気の白髪染め、
利尻ヘアカラートリートメント。


刺激の強い化学物質を、
一切、配合していない、
安心の白髪染めです。


色の入り方も、
トリートメントタイプの白髪染めの中では上々。


気になるのは、色落ち。


利尻ヘアカラーで染めた後、
色落ちが気になるという人は、
少なくないようです。


色落ちを防ぐには、どう対応したら、良いでしょうか?

 

利尻ヘアカラートリートメントの色落ちの原因

shiraga_54.jpg
 

色落ちの原因となるのが、シャンプー


石けんが主成分になっている、
アルカリ性シャンプーは、
白髪染めの染料が落ちやすい傾向があります。


また、シリコンシャンプーは、
シリコン剤が髪のキューティクルを覆います。


白髪染めの染料が弾かれるため、
色落ちしやすくなります。


ノンシリコンのシャンプーを使いましょう。


ヘアマニュキュア専用のシャンプーもありますが、
アミノ酸系シャンプーで、十分です。

 

利尻ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぐには?

shiraga_56.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
毛髪中のプラスイオンに、
酸化染料のマイナスイオンが
吸着することで、発色します。


あまり日を置かずに、
続けて染めると、色落ちが防げます。


利尻ヘアカラートリートメントを塗ったら、
ドライヤーを当てるのも、良い工夫です。


ドライヤーなどの加熱で、
イオン結合が促進されます。


ラップしたら、ドライヤーの温風を、
5分程度当てましょう。



色が固定されやすくなります。

 

白髪染めの色落ちを防ぐポイントはお湯の温度

shiraga_4.jpg


放置時間が過ぎたら、洗い流します。


すすぎが足りないと、
色落ちの原因になります。


十分にすすぎましょう。


その際、お湯の温度は、
低めにすると、
キューティクルが開きません。



さらに、効果的なのは、きちんとすすぐ前に、
冷たい水を、一度掛けておくこと。


洗い流す前にキューティクルを引き締めると、
色素が逃げていかなくなります。


色落ちを防ぐことができます。

 

利尻ヘアカラートリートメントの色落ちが気になるなら

rijiri_14.jpg


シャンプーを替えても、
塗った後にドライヤーを当てても、
洗い流す前に、冷水を掛けても、
なお、利尻ヘアカラートリートメントの色落ちが気になる。


そんな場合は、
トリートメントを取り替えるのも、アリです。


利尻ヘアカラートリートメントは、
昆布エキスを主なトリートメント成分とし、
天然色素を主な染料に使っている、
白髪染めです。


昆布エキスと天然色素


そのこだわりをそのままに、より、
色落ちしない白髪染めが、
ルプルプヘアカラートリートメントです。


ルプルプヘアカラートリートメントは、
微アルカリ性のヘアカラートリートメントです。


キューティクルを、傷まない程度に、
ほんの少しだけ開き、色素を絡ませます。


その後、
がごめ昆布エキスでキューティクルを補修して、
色落ちを防ぎます。


利尻ヘアカラートリートメントで、
色落ちがどうしても気になる場合、
試してみたいのが、
ルプルプヘアカラートリートメントです。

 


ルプルプヘアカラートリートメントの詳細を見る