40代女性の悩み・・・それは髪の毛が白髪だらけ!?綺麗に染めれれる人気のトリートメントは?ルプルプ、利尻、レフィーネ・・・この3トリートメント

40代白髪だらけ髪を染める人気のヘアカラートリートメント!

市販の白髪染めはげる?髪を安全に染めるなら何がオススメ?

siraga_4.jpg
 
button2_6.jpg






よく染まる、市販の白髪染め。


しかし、市販の白髪染めが、
頭皮に付着してヒリヒリしたという人は、
少なくないことでしょう。


市販の白髪染めを使っていて、
髪がバサバサになった人は、多いようです。


髪や頭皮に違和感がある、
市販の白髪染め。


そのまま、使っていて、大丈夫でしょうか?

 

市販の白髪染めは何故危険なのか?

matsukiyo.jpg


市販の白髪染めは、
1剤と2剤を混合させて使います。


1剤には、酸化染料とアルカリ剤が、
配合されています。


2剤には、酸化剤が使われています。


酸化染料、アルカリ剤、酸化剤


いずれも、刺激の強い化学物質です。


液を髪に塗る時、頭皮についてしまうと、
液がついた部分は、ダメージを受けます。


白髪染めの薬剤は、
髪の毛のキューティクルを開かせる力がある、
強力なものです。


頭皮が受けるダメージは、大きなものです。

 

市販の白髪染めでアレルギー性接触皮膚炎になる

shiraga_57.jpg


市販の白髪染めが頭皮についてしまうと、
皮膚炎を発症することが、少なくありません。


白髪染めに配合されている化学物質が、
アレルゲンとなって、
体がアレルギー反応を引き起こすことで、
発症する皮膚炎です。


アレルギー性接触皮膚炎と呼ばれます。


特にアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすいのが、
酸化染料の主成分、ジアミンです。


パラフェニレンジアミンや
パラトルエンジアミンなどが、
副作用の強い化学物質です。


ジアミン系薬剤によって、
アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしたら、
市販の白髪染めは、使用しないようにしなくてはなりません。


ハゲる危険性があるためです。

 

酸化染料が含まれない白髪染めを使う

shiraga_58.jpg


市販の白髪染めで皮膚炎を引き起こしたら、
ハゲる可能性があります。


そのまま、使用を続けていては、
ハゲる危険性
があります。


酸化染料が配合されている、
市販の白髪染めの使用は、
控えることが必要です。


酸化染料が配合されていない、
白髪染めを使うようにしましょう。


トリートメントタイプの白髪染めは、
酸化染料が使われていません。


ハゲる不安を解消するには、
トリートメントタイプの白髪染めが、オススメです。

 

満足度96%の白髪染めトリートメントとは?

lplp_5.jpg


安全に白髪を染めるなら、
酸化染料の代わりに、
天然色素が配合されている、
トリートメントタイプの白髪染めが、
オススメです。


ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、
アイの葉や茎エキスが、
配合されているのが、
ルプルプヘアカラートリートメントです。


ルプルプヘアカラートリートメントの
主なトリートメント成分は、
がごめ昆布エキス。


がごめ昆布エキスは、
皮膚の修復力が強いことで、知られています。


修復力の強さは、手荒れが治るほど。


頭皮への優しさ、
満足度96%の白髪染めが、
ルプルプヘアカラートリートメントです。




ルプルプヘアカラートリートメントの詳細を見る