40代女性の悩み・・・それは髪の毛が白髪だらけ!?綺麗に染めれれる人気のトリートメントは?ルプルプ、利尻、レフィーネ・・・この3トリートメント

40代白髪だらけ髪を染める人気のヘアカラートリートメント!

ルプルプヘアカラートリートメントの成分!副作用の危険は?

siraga_4.jpg
 
button2_6.jpg





頭皮や髪への刺激が強い、ジアミン。


近年、女性の間で、人気が高まっているのが、
ジアミンを配合していない、
トリートメントタイプの白髪染めです。


白髪が目立たなくなるだけでは、
もはや、満足できないのが、
お洒落に生きる女性です。


トリートメントタイプの白髪染めの中で、
人気が特に高い、ルプルプヘアカラートリートメント。


含有成分は、どうなっているのでしょうか?

 

ルプルプの染料成分から副作用の心配なし?

lplp_7.jpg


ルプルプヘアカラートリートメントは、
植物由来の染色成分が、中心となっています。


使われているのは、ベニバナ赤、
クチナシ果実エキス、アイの葉や茎のエキス。


それに加えて、
刺激性の弱い化学染料が、
配合されています。


トリートメントタイプの白髪染めによく見られる、
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール。


水溶性染料で、髪に浸透しない、
塩基性青99、ブリーチ作用のない、
HC青2、HC黄2、HC黄4です。

 

ルプルプは頭皮の修復力が高い!その理由とは・・・

shiraga_51.jpg


ルプルプヘアカラートリートメントの特徴は、
トリートメント成分が、
たっぷり配合されていることです。


中でも、目を引くのが、がごめ昆布エキス


がごめ昆布は、他の昆布と比較して、
粘りや滑りが強いのが、特徴です。


良質のフコイダンをたくさん作るとされています。


皮膚の修復力の高さは、手荒れが治るほど。


髪にハリやコシを与えるために、
他にも2種類の成分が、配合されています。


髪のキューティクルを保護する成分としては、
キトサン、ラベンダー油、ローズマリー油、
オレンジ油など、10種類の成分が、配合されています。


ちなみに、ラベンダー油、ローズマリー油、
オレンジ油などが、配合されているため、
髪を染めた時、ラベンダーの芳香がします。


 

ルプルプエアカラートリートメントだけに配合されている成分

shiraga_42.jpg


育毛成分として配合されているのは、
がごめ昆布エキス、他4種類。


種類は少ないものの、質は注目されています。


がごめ昆布には、
優れた育毛効果が期待できると、
報告されています。


近年、美容と健康に効果があるとして、
メディアで取り上げられる、がごめ昆布。


トリートメントタイプの白髪染めで、
がごめ昆布エキスを配合しているのは、
ルプルプヘアカラートリートメントだけです。


 

ルプルプヘアカラートリートメントに有害な物質はなし!

lplp.jpg


ルプルプヘアカラートリートメントには、
刺激性の強い染毛剤、防腐剤、
酸化防止剤、金属封鎖剤、安定剤、
シリコンは、配合されていません。


刺激性が懸念される成分は、
ステアリルトリモニウムブロミドのみ。


ステアリルトリモニウムブロミドは、
第四級カチオン界面活性剤の1つです。


カチオン界面活性剤は、
リンス剤とも言われます。


リンスやトリートメントには、
必ずと言ってよいほど、使われています。


ステアリルトリモニウムブロミドは、
第四級カチオン界面活性剤の中では、
刺激性の弱い成分とされています。


 


ルプルプヘアカラートリートメントの詳細を見る